入院中のお見舞いについての友人との取り決め

私と友人との間には、兵庫伊丹市で評判の訪問病院でお見舞いに行かないという取り決めをしています。本来なら、大阪平野区で評判の透析病院に入院中は友人の顔を見るだけでも元気づけられるので、来て欲しい気持ちもあります。しかし、それ以上に何かと気を遣わねばならぬことも多いので、そうであるならば、プラセンタのことで福永記念診療所での退院して元気になってから一緒にランチでもした方が気が楽だという考えに行きついたのです。
お見舞いの際には、タイミングやお見舞いの品など何かと気を遣うことが多いです。また、お見舞いに行った際の言動にも気を付けなければいけません。元気な時には何とも思わない言葉が、入院中は傷つく言葉となってしまうこともあるからです。そう考えると、お互い入院した時にはお見舞いをやめようと決め、元気になってから会う方がよっぽどか気が楽でいいとなったのです。
これはあくまでも、私と友人の考え方が同じだったことから実現している取り決めです。必ずしも、他の人全員に当てはまるわけではないので要注意です。知り合い同士で、一度入院中のお見舞いについて話し合ってみるのもいいかと思います。ちなみに、万が一、一度も会わずにそのまま旅立ってしまう可能性があるような場合は、この取り決めは無効としています。